広告

積立NISA早わかりガイドブック【必見】金融庁 NISA推進協議会

金融庁Money

金融庁が低金利の今、預金だけでは資産が増えないので積立NISA制度を活用するように推進しています。また、元本割れのリスクに対してもちょっとした工夫でリスクを軽減することができると伝えています。積立NISA早わかりガイドブックを使って説明します。

ポイントは

  • 積立NISA制度を活用
  • 長期、積立、分散投資
  • 資産形成に適した投資信託を選ぶこと
広告

レッスン1 積立NISAの4つの特徴を学ぶ

特徴1:100円からでも運用できる投資信託が対象
特徴2:投資信託の運用で得られた利益が非課税になる
特徴3:投資できる枠は年間で最大40万円まで、保有できる期間は20年間
特徴4:対象となる投資信託は、販売手数料0円、信託報酬が低い商品

長期分散投資

出典:金融庁「つみたてNISA早わかりガイドブック」

広告

レッスン2 時間の分散について学ぶ

短期トレードは、購入するタイミングが重要です。
株は安い時に買って高くなって売るのが利益を出す基本ですが、最高値や最安値は時間が経過してから「あの時が最安値だった」と気づくので上がっている時に下がるタイミングを予想するのは無理です。
定期的に積立投資を行うと、高い時だけ買ってしまうことを避けることができます。
しかも、決まったタイミングで買い付けするので手間もかかりません。

出典:金融庁「つみたてNISA早わかりガイドブック」

 

レッスン3 投資先の分散について学ぶ

値動きの違う複数の資産に投資することで、一つの資産価値が下落しても他が上昇しているので投資先全体の組み合わせ(ポートフォリオ)は安定します。
このように値動きの違う複数の資産に投資することを「資産分散」といいます。
また、同じ株式であっても違う地域に分散することでポートフォリオを安定させることができます、このことを「地域分散」といいます。
バランス型の投資信託は、一つの商品で資産分散や地域分散ができるのが特徴です。

投資先の分散

出典:金融庁「つみたてNISA早わかりガイドブック」

レッスン4  長期投資の効果について学ぶ

投資信託の殆どは保有期間20年以上になると運用成果がプラスになると言われています。
逆に、どんな良い投資信託でも数年、あるいは数十年に一度の暴落する局面になると一時的に元本割れになることがあります。
株価の変動に一喜一憂することなく、長期投資すれば運用成果がプラスになるので過去の実績を信じて継続することが重要です。

長期投資の効果

出典:金融庁「つみたてNISA早わかりガイドブック」

レッスン5 手数料について学ぶ

下の図は、100万円を投資した場合の20年間の信託報酬の違いによる差を表したものです。
たった、信託報酬1%の差ですが、20年間になると約33万円の違いになります。
180万円のうちの33万円ですから手数料の影響は大きいです。
商品を選ぶ際は、信託報酬を確認して少しでも安いのを選びましょう。

手数料

出典:金融庁「つみたてNISA早わかりガイドブック」

レッスン6 分配金の影響について学ぶ

積立NISAでは分配金を受け取ることができない商品が対象なので、分配金を受け取る商品を選ぶことはありません。
ただ、この分配金の影響は一般の投資信託で運用するときに知っていた方が良い知識になりますので理解してください。
運用している途中に分配金を受け取ると積立総額が増えません。
株価の変動は、変動率(%)で増えたり減ったりするので、積立総額が増えると同じ変動率でも金額の増え方が違います(複利効果)。
一般の投資信託で積立総額を増やしたいのであれば、できるだけ分配金を受け取らないで、分配金を再投資するタイプのものを選びましょう。

分配金の影響

出典:金融庁「つみたてNISA早わかりガイドブック」