広告

80%の人が勘違いしている老齢年金|年金相談で受ける8つの質問?

年金手帳Money

YouTubeチャンネル:年金チャンネル社会保労務士 田島透「80%の人が勘違いしている老齢年金のこと」で実際に年金相談の現場でいただく遺族年金に関するご質問をQ&A方式で解説しています。とても分かりやすくのでご視聴をおすすめします。動画で記憶に残すことが困難な人向けにまとめました。

おすすめ動画:年金チャンネル社会保険労務士 田島透「80%の人が勘違いしている老齢年金のこと」

広告

実際に年金相談で受ける8つの質問 Q&A

年金をもらっている夫が亡くなって、妻が年をとってからもらう遺族年金は、遺族厚生年金です。

遺族厚生年金を受けとる要件は?

Q1.私(夫)は厚生年金に40年入っていました。
今、年金をもらっています。
妻の収入は年金のみです。
私(夫)が亡くなったら妻は遺族厚生年金をもらえますか?

A1.遺族厚生年金をもらうための要件を確認してみましょう。

遺族厚生年金をもらうための要件は2つあります。

  1. 夫によって生計を維持されている。
    (夫婦が一緒に生活、妻の前年の年収が850万円未満)
  2. 亡くなった人(夫)が年金の保険料を300ヶ月以上収めている。
老年年金をもらうためには、保険料を120ヶ月(10年)納めている必要がある。
遺族厚生年金をもらうためには、保険料を300ヶ月(25年)納めている必要がある。

遺族厚生年金と自分の年金の両方をもらえないか?

Q2.夫が亡くなった場合、遺族厚生年金をもううか自分の年金をもううか、どちらか片方しか貰えないのですか?

A2.遺族年金をもらう年齢によって異なります。

遺族厚生年金をもらう人(妻)が65歳前で特別支給の老齢厚生年金をもらっていたら

妻が65歳になるまでは、「遺族厚生年金」「特別支給の老齢厚生年金」のどちらか一方を選択してもらう!

遺族厚生年金をもらう人が65歳以降だったら、遺族厚生年金と、自分がもらう年金(老齢基礎、厚生年金)を組み合わせて両方もらう、詳しくは次のQ&Aで解説しています。

遺族年金の全額もらえない場合は、どんなケースですか?

Q3.私(妻)が65歳以降に老齢厚生年金をもらっていると、遺族年金の全額はもらえないと言われました。なぜですか?
A3.遺族厚生年金は、遺族厚生年金をもらう人(妻)の老齢厚生年金との差額がもらえます。
老齢基礎年金
この場合は、遺族厚生年金として50万円がもらえます。
遺族厚生年金
この場合は、遺族厚生年金より老齢厚生年金の方が多いため遺族厚生年金はもらえない。

遺族厚生年金の金額は亡くなった人がもらっていた年金の何割ですか?

Q4.遺族厚生年金の金額は、亡くなった人がもらっていた年金の1/2ですか?
A4.亡くなった人がもらっていた厚生年金の報酬比例部分の3/4です。
老齢基礎年金
老齢厚生年金と老齢基礎年金の合計の3/4もらえると思っている人がいますが、それは間違いです。
老齢基礎年金
老齢厚生年金の報酬比例部分の3/4が遺族厚生年金の金額になります。

年金の繰り下げは、もらえる遺族年金に関係しないのか?

Q5.夫は65歳からの年金を繰り下げをして厚生年金を増額させてもらっています。
年金事務所で遺族年金を試算したら3/4の金額になりませんでした、なぜですか?
A5.繰り下げで増額した年金額を除いて3/4を計算します。
繰り上げも同じ考え方です。

遺族厚生年金は何歳までもらえるのか?

Q6.遺族厚生年金は何歳までもらえますか?
A6.遺族厚生年金をもらっている方(妻)が亡くなるまでです。
ただし、失権する要件があります。
失権する要件とは、、2つあります
  1. 遺族厚生年金をもらっている人が再婚する
  2. 直系血族および直系姻族以外の方の養子となったとき

遺族厚生年金は税金が引かれるのか?

Q7.老齢基礎年金70万円、遺族厚生年金100万円をもらっています。税金は引かれますか?
A7.遺族厚生年金は非課税で、老齢基礎年金は課税対象です、
ただ、65歳以上の公的年金等控除額が110万円なので、70万円-110万円=-40万円となるので、この人の場合は課税されません。
ちなみに、障害年金も非課税です。

遺族基礎年金がもらえる要件は?

Q8.遺族基礎年金はもらえないんですか?
A8.遺族基礎年金は18歳未満の子どもがいないともらえません。
遺族基礎年金は
  • 18歳年度末までの子ども
  • 20歳未満で障害のある子ども がいないともらえません。